<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image  
<< もの思う | main | ありがたみ >>
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
理解するということは 
 東野圭吾『幻夜』

初東野作品だったりします。
あまりに人気過ぎて読むのを躊躇っていたのですが、知人の方から貸していただいたので。

『白夜行』かなり有名な作品ですが、読んだことも観たこともないので話を知りません。
どうやら『幻夜』は『白夜行』の続きチックな面があるので、『白夜行』から読んだらよかったのにと彼氏さんから言われたけれども後の祭り。
ただ、続編、ということでもないらしいのでいいのかなと。

話は…うむむ。
人間ってこう、ものすごく自己中心的なのだなと思わせる話ではありました。
ただ、登場人物の思考や行動がかなりぶっとんでいて、理解に苦しむことが多々。
あんなに長編なのに、読み終えた達成感がなかった。
なかなか、難しい。

本を読むスタイルは人それぞれあると思いますが、
あたしはどちらかというと心情を重ねていく方かな、と思います。
誰しも、どこかしらは似たようなところがあると思うから、そこを見つけていく作業。
ただ、どう探しても添えない人が暗躍しているような作品は読んでいて辛いものがありました。

まぁそもそも、他人を理解しようとするところからして無謀なのかもしれませんが。
| book | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト 
| - | 21:21 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jilljewel.jugem.jp/trackback/129
トラックバック
selected entries
categories
archives
ブクログ
mobile
qrcode
links
profile