<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image  
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
あけました。 
 2011年。
1日が過ぎるだけなのに、なんて重々しいんだろう、と毎年思います。

今年はどんな年にしていこうかな。
意志あるところに道あり。
| つれづれ | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0)
ありがたみ 
 先週虫垂炎(いわゆる盲腸)になりました。

内科受診したところ外科を紹介され、即手術、入院。
でも、手術翌日から普通にごはんを食べることができ、その翌日には退院しました。

虫垂炎の痛み自体はそうたいしたことなかったため、
点滴だったり、手術に至るまでの諸検査(CTとか)だったり、手術室に入って麻酔打ったりする流れだったり、
初体験のものを存分に味わうことができました。
部分麻酔だったんですが手術中はあまり意識なく(眠くなる薬を点滴に入れます、と言われたのでそのせいかも)、なんとなくぼんやりしている間に終了。
「これ虫垂ですよーかなり腫れてました」と見せられたものはどう見ても明太子。
手術が2〜3日でも遅れたら破裂していたかもしれなかったみたいで、不幸中の幸いといったところです。

麻酔が切れたときの痛みの方が強く、痛み止めの筋肉注射も痛く、そっちの方が辛かったのですが、一晩過ぎれば緩和され、退院。

今日は手術から1週間が経過したため、血液検査と状態をみせるために病院へ。
特に異常なく、治療は終了と相成りました。

傷口はふさがっているみたいですが、ケロイド(日本人女性はなりやすいらしいです)を防ぐため、3ヶ月程度は傷口にテープを貼っておく必要があるみたいです。

傷口自体は3cm弱と大きくはないですが、これでもかなり痛かったので、大きな手術になるとそれだけ痛みも増すのだと思うと、恐くて仕方ありません。
健康のありがたみを知るのは病気になってから、とはよく言いますが、本当にその通り。

年末で大はしゃぎできないのが少し残念ですが、これもよい経験となりました。
もう、そんなにも若くはないのだからな。
| つれづれ | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0)
もの思う 
 過去のブログの記事、全部消して、また新しく喋っていこうかなーと思います。

あたしに足りないものは、忍耐、まめさ、向上心。
25歳になったところで、人はそうそう変わるもんじゃあありませんよ。
というか、意識しないと変わりません。



2010年、もうすぐ終わりですな。
今年はあたしにとって、なんだかブラックボックスみたいな1年でした。
こんなにぎっしりしていたのは、中3以来かもしれません(ということは10年前か!)。

今となってはもう過ぎ去った日のことなので、とやかく思ってもどうしようもないのだけれど、
きっと、しばらくは鮮やかなまま思いだすんだろうなという気がします。

10年前は中学校3年生で、
クラス替えがあったときに「ひっそりと生きよう」と誓ったにも関わらず、
やれなんだかんだと巻き込まれ、巻き込んでいき、
担任の先生(社会)から、机の上に「授業中うるさい」と鉛筆書きされる始末。
きっと調子乗ってたんだろうねー

10年後は社会人3年目で、
色んなところに行き、色んな人と接し、迷い、泣き、笑い。
なんとここにきて入院まで!
多分、今でも調子に乗ったまま。
でも、楽しかったな。うん。



先月行ったねえやん(安藤裕子)のライブにて、ねえやんが言ってたこと。
「今日を楽しもう。精一杯生きよう。昨日より、明日より、今日」

「いまを生きる」っていう小説もあった。

今日を、いまを、生きているっていう実感って大切なのかな、と。
でもいつもいつも一生懸命生きるって実は大変なことだから、時には息抜きをして。


あと少しの今年、
最後まで楽しんでやろう。

そのためには健康第一ですよー!
| つれづれ | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0)